カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
旋光の輪舞DUO 大会事情へようこそ!

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五回トライタワー杯 ~殲滅!滅塵!火砕羅漢ッ!!~ 大会結果

12/17(土)に秋葉原トライアミューズメントタワー様にて
旋回の輪舞DUOシングルトーナメント大会
第五回トライタワー杯
~殲滅!滅塵!火砕羅漢ッ!!~

が開催されました!

■大会結果!(敬称略)
優勝 JIN ルカβ
準優勝 男棒 ペルナα
第3位 パンダ☆マン ペルナα
第4位 ごろ ジャズパーβ


各ブロックの詳しい内訳は以下

■Aブロック
Aブロック

 このブロックは【ぽへ(櫻子β)】と【hiya(ミカα)】の0回戦からスタート!開幕を凌げば戦えるこの組み合わせを制した【ぽへ】を待っていたのはまたしても【がれな(セオα)】。毎回毎回セオに当たって滅されるぽへの姿に会場は同情の念で溢れる…

 ブロック決勝は【JIN(ルカβ)】対【うまーぼ(ツィーランα)】。超火力を乱射する【JIN】に対して【うまーぼ】が鉄壁の守りを見せていたものの、試合中盤に台車に対して反応した【JIN】のMS近接が決まってしまう。試合の流れを止められなかった【うまーぼ】を制し、【JIN】の勝利となった!







■Bブロック
Bブロック

 このブロックは【しろてん(ジャスパーβ)】が忍者の底力を見せつつも、惜しいところで【パンダ☆マン(ペルナα)】に敗退!一方、反対側ではアンリ使いの希望ともいえる【ばんじゃい(アンリα)】がキャラ差をものともせずに勝ち上がる!

 ブロック決勝はアンリ使いの希望の星【ばんじゃい(アンリα)】対【パンダ☆マン(ペルナα)】の戦い。一本目は丁寧にレーザーを捌ききったばんじゃいが圧☆勝!この流れに乗って一気に勝負を決めたいところだったが、二本目の序盤にペルナ側の近接が決まってしまう…。これをボスを使うことで回避したものの、ペルナに対しては全く無力なこのボスは活躍せず。三本目は開幕から攻撃ユニット拒否のボスと攻勢をかけるものの、ボスを丁寧に捌いた【パンダ☆マン】がそのまま流れにのって勝利!決勝へとコマを進める。





■Cブロック
Cブロック
 このブロックではカートリッジを換えて忍者再出発の【ごろ(ジャスパーβ)】が破竹の勢いで勝ち進む。一方、反対側ではアミューズメントエース津田沼大会やゲームマグマックス川越店大会で好成績を残し、ユルシュル使いの希望の星となっている【北(ユルシュルα)】が勝ち上がり、いやーなマッチング※1

 ブロック決勝は、【ごろ(ジャスパーβ)】対【北(ユルシュルα)】。足の遅いユルシュルに対して大手裏剣、溜め手裏剣で徹底的に攻めたてる【ごろ】に対して【北】は防戦一方。溜め手裏剣クリーンヒット→S近接の回避しがたいコンボで6割減らすなど、終始攻勢だった【ごろ】が安心の勝利!

※1 関東の輪舞界隈?では大手裏剣に対する有力な解法がないことから、ユルシュルはジャスパーに対して大きく不利を付けられているという見解がある。





■Dブロック
Dブロック


 このブロックの注目カードは大会ではあまり数を見ないファビアンβ使いの【KOG(ファビアンβ)】対【男棒(ペルナα)】。バリア時の火力が高いために五分近くで戦える(と言われている)この組み合わせは壮絶な撃ち合いで幕を開ける。ファビアンβ側のボスが炸裂したものの、辛くも逃げ切ったのは【男棒】!

 ブロック決勝は【TA2☆(ジャスパーβ)】、【ビック・ザ・武道(ルカα)】と厳しい試合を制して上がってきた【いもり(レーフα)】対【男棒(ペルナα)】。絶望的な組み合わせの中、起死回生のアンパンチ※1で戦う【いもり】だったが、運命には抗えず【男棒】の勝利!

※1 レーフボスのギミック。あくまで通称。この試合の最中実際に【いもり】が大声で「アーンパーンチ!」と叫ぶ等、願をかけていた。





■決勝リーグ
総当り

決勝にあがってきたのは各ブロックを勝ち上がってきた以下の4名での総当たり戦!
Aブロック代表 【JIN(ルカβ)】
Bブロック代表 【パンダ☆マン(ペルナα)】
Cブロック代表 【ごろ(ジャスパーβ)】
Dブロック代表 【男棒(ペルナα)】

各々の戦績は上の表となるが実際の大会では以下のような流れで試合が行われた!



第一試合 【JIN(ルカβ)】Vs【パンダ☆マン(ペルナα)】
※気合があったら書く…

第二試合 【ごろ(ジャスパーβ)】Vs【男棒(ペルナα)】
 ペルナのSをバリアしている最中に溜め手裏剣で安定して反撃が可能、大手裏剣直当てや溜手裏剣→S近接のコンボなどと、実はペルナに対しては有効な対抗手段を数多く持つジャスパーβ。
 一本目はかなり激しい殴り合いの末、お互いがバニッシュ。ペルナのファイナルボスを迎え撃つ姿勢をみせ、安定して捌くと期待された【ごろ】だったが、とっさに出されたレーザーを避けきれず。会場中から何故羅漢を出さない?と突っ込みを受ける体たらく。二本目はやや【ごろ】が劣勢の展開だったものの、画面端に追い詰めてからの大手裏剣直当てから一気に流れを引き寄せた【ごろ】が勝利。三本目はこの流れに乗って終始【ごろ】が優勢に立ち、ペルナのファイナルボスを余裕を持って破壊した【ごろ】の勝利となった。

第三試合 【パンダ☆マン(ペルナα)】Vs【男棒(ペルナα)】
※気合があったら書く!

第四試合 【JIN(ルカβ)】Vs【ごろ(ジャスパーβ)】
 ジャスパー側がマウントポジションで殴り続けるか、ルカが遠距離で超火力を出し続けるかといった勝負になるこの試合。
 一本目は試合をやや有利に進めていた【JIN】に対して【ごろ】のダッシュMS近接がクリーンヒット!この流れに乗って攻撃ユニットで攻めたてる【ごろ】であったが、最終的にファイナルボスの早押し対決まで持ち込まれてしまう。ファイナルボスの早押し対決を制した【JIN】が辛くも一本目は勝利。
二本目はワンチャンスで距離を離したルカの超火力がジャスパーに炸裂。あっけなく二本先取し【JIN】の勝利となった。

第五試合 【パンダ☆マン(ペルナα)】Vs【ごろ(ジャスパーβ)】
※気合があったら(ry

第六試合 【JIN(ルカβ)】Vs【男棒(ペルナα)】
※気合(ry

各選手が熱い試合を繰り広げた結果はなんと、【JIN】と【男棒】が2-1で同率、【ごろ】と【パンダ☆マン】が1-2で同率という結果に!
その結果を受けて白黒をはっきりつけるべく再戦をすることに!

第七試合 【パンダ☆マン(ペルナα)】Vs【ごろ(ジャスパーβ)】
※【パンダ☆マン】の勝利で3位決定戦は終了。詳しい内容は(ry

第八試合 【JIN(ルカβ)】Vs【男棒(ペルナα)】
 決勝リーグで一度【JIN】を撃退した【男棒】の再防衛が期待されたものの、キャラクター選択時の支援選択で今回は【JIN】が読み勝ち、ATK攻撃VsATK防御という構図を組み立てる。
 試合開始前から【男棒】は「キャラ換えを要求する!」等の発言をし踏んだりけったりな状態であったが、試合内容も同様に【JIN】を撃破した直前の試合が嘘のように華麗かつ迅速に排除され【JIN】の勝利で今大会は幕を閉じた。

動画:


スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。